美容室Emi LINK画像 美容室Emi トップ LUNK画像 美容室Emi LINK画像 美容室Emi MENU LINK画像 美容室Emi LINK画像 美容室Emi リペア LINK画像 美容室Emi LINK画像 美容室Emi インフォ LINK画像 美容室Emi LINK画像 美容室Emi Shop LINK画像 美容室Emi LINK画像 美容室Emi 問合せ LINK画像
 | 梅雨時期のヘアケア | ヘアケア剤基礎知識 | ヘアケアのチェック | 美しい髪を作るための頭皮ケア |
 

ヘアケアのチェック

CASE 1 手のひらで髪の毛をクシャクシャ
カラーもパーマもしていないショートヘア。上を向いて熱いシャワーを髪と顔に一緒に浴びます。
シャンプー剤を泡立てて、両手のひらでクシャクシャとかき回すようにして洗髪。その後トリートメントもしません。
美容室Emi 画像

美容室Emi 画像

熱いシャワーを当てると髪の毛がびっくりしますから、シャワーの温度はぬるいめに。それに髪の毛をクシャクシャすると擦れ合って痛みます。手のひらではなく指で髪の毛ではなく頭皮を洗ってください。シャンプーの時にクシャクシャするのも絶対だめです。 美容室Emi 画像
髪にお湯を含ませながら優しくたたくように3分程繰り返す
CASE 2 ブラシでとかしながら洗う
シャギー入りのロングヘア。毛先にパーマがかかっています。シャンプー剤を頭のてっぺんにつけて泡をいっぱい立てて、頭皮をまんべんなく洗います。その後ブラシでとかしながら洗髪。 美容室Emi 画像 美容室Emi 画像 『シャンプー剤を頭のてっぺんに』につけるのも『泡をいっぱい』立てるのも間違い。
手のひらで泡立ててから生え際よりつけていきます、頭皮をまんべんなく洗うのは正解ですが、その後ブラシでとかすのはやめましょう。毛先にパーマがかかっているロングヘアは、ブラシを使うと髪が揃って洗いやすいかも知れませんが、髪の表面をおおっているキューティクルを傷めてしまいます。
美容室Emi 画像
CASE 3 リンスを頭全体にたっぷりつける
セミロングのボブ。
ストレートパーマとカラーが少し残っています。シャンプーを終えた後、リンスを地肌に擦り込むようにつけて流し、タオルでバンバンと叩いて乾かします
美容室Emi 画像 美容室Emi 画像 リンスは頭皮ではなく髪の毛だけにつけるものです。髪のコーティング剤のようなものですから、頭皮の擦り込んでも意味がありません。流し方が不十分だとかえって頭皮を不健康にしてしまいます。
髪のダメージがひどい場合は、シャンプー後、水気をきってトリートメントをダメージ部分につけてさっと流し、リンスを表面につけて軽く流せばOK!
美容室Emi 画像
トリートメント剤は洗い流し過ぎないで、サッと流せば充分。

POINT

リンスとトリートメントの役目
髪の表面に薄い膜を作って、摩擦や刺激、静電気から髪を守ってくれるのがリンス。 一方トリートメントは、キューティクルの隙間から髪の内部まで入り込み、失われたたんぱく質を補ってくれます
美容室Emi 画像
        ファイテンよりの資料記載
 

Copyright(c)2000-2008 美容室 Emi All Rights Reserved.