戻る

| リペアQ&A | 正しいシャンプー アイロンの基本操作  | くせ毛の種類  実例モデル写真@ | 実例モデル写真A |

 

アイロンの基本操作

(正) ×(誤)

@
まず初めの毛束(パネル)をとります。
スライス幅は1cm〜1.5cm位までで、あまり分厚く取らないようにしてください。

A
根元へのプレスは、頭皮に対して90度の角度(ステム)で、ロッドパーマのワイディングのような張り(テンション)をパネルに与えながらプレスします。(アイロンを滑らすのではなく、プレスをして静止させる)パネルを張った状態で一旦静止させる。

B
次に中間部分のプレスは、毛流(髪の毛が落ちる方向)に沿ってアイロンを動かします。
この時もある程度、パネルが張った状態で、なおかつ毛束を挟む様にプレスを行います。
ただ、引っ張るテンションよりもプレスを重視してください。

C
毛先の毛量は上記AB部分よりも少なくなってきますので、2〜3パネル併せてプレスしますがワンテンポゆっくり目にアイロンを抜いてください。

D
ABC部分各々、アイロンにコームを沿え付けてプレスして頂き、根元から毛先にかけてコームスルーして下さい。
(パネルが冷めた時点で形が整える意味を含めて) 

E
アイロンプレスをして、完全乾燥させ(湯気の出ない状態)、冷めた時の状態を毛髪は記憶しますので、型付けはアイロンプレスの行程で行なうということを忘れないでください。